監督/脚本


俳優 /  ◆亜紗美

   監督/脚本

井口 昇 NOBORU IGUCHI (監督)井口昇

映画監督。代表作は『片腕マシンガール』・『ロボゲイシャ』『電人ザボーガー』『デッド寿司』など、新作『ヌイグルマーZ』は原作:大槻ケンヂ、主演中川翔子・武田梨奈を迎え、2013年1月公開予定。

海外での人気が高く、『デッド寿司』40ヶ所あまりの海外映画祭からの招待を受ける。

監督・シナリオ・小説・原作などのご相談もお受け致します。

映画・TV・CM・PV・ショートムービーなど、一般作から、CG・特殊造型・3Dなどを駆使した演出を得意とします。

新規企画、恋愛作品からジャンルムービーまで、多数企画のご用意あります。

 

お仕事のご依頼・ご相談はこちらまで。

 

 プロフィール

1969年東京出身。

2007年「TOKYO SHOCK」シリーズ第一弾『片腕マシンガール』が海外および国内でカルト的な人気を博し、数々の国際映画祭に出品。

30カ国以上で公開されその名を世界中に轟かせた。ポップな世界観にシリアスな心理描写を織り込む事には定評があり、特に女性を主人公とした物語ではその繊細な演出が光っている。

2008年公開の『ロボゲイシャ』では間違った日本感とポップなゲイシャのコメディーが評価され海外はもちろん、短館公開ながら国内でも大きな反響を呼んでいる。

一方で劇団「大人計画」に所属、松尾スズキ、竹中直人、庵野秀明作品に個性派俳優として舞台や映画・TVに出演している。

近年は中川翔子の漫画原作、「週刊真木よう子」の脚本、エイベックス制作「音女」、前田敦子主演「栞と紙魚子の怪奇事件簿」「加藤清四郎」「新耳袋」「ぎい」などのテレビドラマ演出も手掛けて活動の幅を広げている。

テレビでは「ケータイ刑事」「古代少女ドグちゃん」などのチーフ監督を努め、アイドルものを得意としている。近年は、中川翔子の漫画原作、「ザ50回転ズ」の音楽ショートムービー演出など多彩な活躍を続けている。

大ヒット作!映画「電人ザボーガー」(2011年)を筆頭に、ホラー映画のメジャータイトル「富江アンリミテッド」・「新耳袋 異形」(2012年)ゾンビ映画の「ゾンビアス」(2012年)を制作し続けている。そして、最新作「デッド寿司」(2012年)は、海外の30箇所にも及ぶ国際映画祭の招待を受け、主演の武田梨奈は、テキサスファンタスティックフェストでは、コメディ主演女優賞を受賞!寿司旋風を巻き起こしている。

日本の公開は、2013年1月。

2014年公開。中川翔子主演、大槻ケンヂ原作の『ヌイグルマーZ』も控えている。

 

主な作品暦

映画 
楳図かずお恐怖劇場 まだらの少女(2005年)
猫目小僧(2005年)
卍(まんじ)(2006年)- 監督・脚本
片腕マシンガール(2007年)- 監督・脚本
ロボゲイシャ (2009年)- 監督・脚本
戦闘少女(2010年)- 監督・脚本
電人ザボーガー(2011年)- 監督・脚本
富江アンリミテッド(2011年)- 監督
ゾンビアス(2011年)- 監督・脚本
はらぺこ ヤマガミくん(2012年)- 監督
ABC‘S OF THE DEATH(2012年)-監督・脚本
怪談新耳袋 異形(2011年)- 監督
デッド寿司(2011年)- 監督・脚本
ヌイグルマーZ(2013年)- 監督・脚本
TVドラマ
怪談新耳袋シリーズ
(2004-2006、2008 BS-TBS)
ケータイ刑事 シリーズ
(2004-2009、BS-TBS)
栞と紙魚子の怪奇事件簿
(2008年1月-3月、日本テレビ)
週刊真木よう子 第3話「おんな任侠筋子肌」
(2008年4月16日、テレビ東京) – 脚本
古代少女ドグちゃん
(2009年 MBS)-チーフ監督
古代少女隊ドグーンV
(2010年 MBS)-チーフ監督
恋チョコ
(2010年 BS-TBS)-監督
ウルトラゾーン(ウルトラゾーンチェンネル)
(2011年 TVK)-チーフ監督
ウルトラ怪獣御殿
(2012年 レオネット)-チーフ監督
神様のイタズラ
(2013年 BS-TBS)-監督
作品年表
1998年 クルシメさん
2003年 恋する幼虫
2004年 新耳袋、刑事まつり
2005年 まだらの少女、ケータイ刑事
2006年 猫目小僧、卍、恋する日曜日、おいら女蛮
2007年 片腕マシンガール、そんな無茶な
2008年 栞と紙魚子の怪奇事件簿、ぎい、音女、東京少女
2009年 ロボゲイシャ、古代少女ドグちゃん
2010年 戦闘少女、古代少女隊ドグーンV
2011年 電人ザボーガー
2011年 富江アンリミテッド
2012年 はらぺこ ヤマガミくん 劇場版
2012年 ABC‘S OF THE DEATH
2012年 ゾンビアス
2012年 怪談 新耳袋 異形
2012年 デッド寿司
2013年 ヌイグルマーZ

マシンガール ロボ芸者 富江 電人ザボーガー デッド寿司 ぬいぐるまーz

トップへ


 

おかひでき HIDEKI OKA (監督)おかひでき

TV・映画監督。代表作に「トミカヒーロー・レスキューフォース」・「ウルトラマン」TV/DVDシリーズを手掛ける。映画『ウルトラマンサーガ』を監督。CGとミニチュアを駆使した特撮映像で子供達の心を掴む。

現在は、インドネシアの特撮ヒーロー番組の脚本・監督のため、インドネシアに渡航中。

監督・シナリオのご依頼お受け致します。

映画・TV・CM・PV・ショートムービーなど、一般作から特撮まで何でもご相談ください。

お仕事のご依頼・ご相談はこちらまで。

 

プロフィール

広島県出身 大阪芸術大学映像学科卒 1993年助監督デビュー
NHK少年ドラマ・民放2h作品・Vシネ系アウトロー作品・東宝ゴジラシリーズなどを
経て円谷プロダクション作品に合流
1997年ウルトラマンダイナ以降2003年まで諸作品に参加
以降現在までフリーランスの監督として幅広く活動

 

監督実績

2006年「魔弾戦記リュウケンドー」13・26話
2007年「893239(やくざ23区)北区編・冬の盃」
2008年「トミカヒーロー・レスキューフォース」7・8・15・16・22・24・42・43・44・48話
2009年「トミカヒーロー・レスキューファイアー」4・5・6・12・13・14話
2010年「ウルトラ銀河伝説外伝ウルトラマンゼロVSダークロプスゼロ」
2011年「ウルトラマンサーガ」
2012年「ウルトラゼロファイト」
2013年「BIMA:SATRIA GARUDA」(ガルーダの戦士ビーマ:インドネシア作品)

演出家としてのモットー

「明るく正しく楽しく!子供にも大人にも、夢と冒険と切なさを!」
予算と納期を守った上で、魂のこもったものを創ります。
よろしくお願いいたします。

トップへ


トップへ